FC2ブログ

A・SOUL!  命火。



IMGP8009_20190808141442ae3.jpg

IMGP5281_20190808141356e28.jpg
個展の時に描いたクロヒョウのツガイと、取材する内に生まれたベビーである。前の作品ですが、嫌いな絵ではないので、新たにfc2ブログに、全体像を紹介させて頂きます。
当時、気持ち悪い絵が流行で、画商もそのあたりの感覚を狙った様で有ったが、画面に出て来たのは意表を突くように、しっとりとした品でありました。実物は、クロヒョウ独自な黒のベルベットの様な光沢がもっと出ており、そういう意味でも失敗作では無い。初めて母になる直前の威厳に満ちた彼女を、月の光が柔らかく立上り包んでいる。其れは私の祝福する心です。最高のクロヒョウでした。人間が動物や自分の子や親を殺す現代において、この子達が感じさせてくれたものは、私の宝と成って行くのでしょう。
☆クロヒョウの目は大人になると、黄色いビー玉の様で宝石の様に美しいが、産まれたての子の目はサファイアブルーである。

蒼い星。


蒼い星。
IMGP4974.jpg
小高い山の天辺の神社で見つけた野生の紫陽花。
その微妙な色変に心が躍り、ヒラヒラと伸びやかに育つ花弁の大らかな美に、思いを馳せる。
青い星地球に居ながら、花から星のインスピレーションを得、天体の星と通じる感覚になった不思議。
瞳に広がる、☆彡星☆彡は、・・・光る。

雨、弾ける!。

雨、弾ける!。
夜になって、外は大ぶりの雨。
大輪の薔薇と降りつける雨の織り成す模様は、現れては弾けて吸収し、耳を超え、
大気へと変貌する。

白露。


夏に向かって、
白から炎の深紅へと、どんどん色味が変化する  この薔薇。
しかし、白が有ってこそ、紅を活かしているコンビネーションを思う。
其の  芳醇なる白露。

A・SOUL!  絶対零度からの「冬幻」。

blog_import_5c86944ec8a7bs - コピー


この春、桜の開花時に牡丹雪が降りましたので、此処で、歩いて来た道の中で節目になった大切な作品の一つを、御紹介させて頂きたく思いました。
凍える長い風雪の時期を生き抜き、しかし微動だにしない芯を持つ 真っ白に発光する魂の表出といえると思います。
この作品は、銀座での初めての個展時に生まれ、当時、私と母の人生を理解してくれていた内科医師、天海照夫、勝江夫妻が
お買い上げ下さいました。今も真っ白く光を放っていると思います。
今、此の自分の分身を観ると、此処まで頑張った事をなのか?、愛おしくさえ思えます(^^)。
けれど、もっと成長するには?、どう質を上れば良いのか?と、常に考え積んだ勉強は、この絶対零度から今日へと扉を開き、今に至っています。