FC2ブログ

雨に打たれて。


雨後の白薔薇。雨に打たれ、増す香る悲しみ気高く!。
スポンサーサイト



俊・その一時。


猫というデリケートが、好奇心を反応させ、闇を貫く!。

烈。


全てが石になれっ!。悲しみの激しさを憂いの目に変えて!!。

満月の夜。


 
 
胸に抱く、悲しみ、怒り、嘆き、それらは満月の光を吸収しながら脱皮の時を迎える。脱皮の皮膚に爪が刺さる。
泣ける炎の心よ・・憤怒の河を渡れ!。

骨の華。


空を飛ぶ。大河を渡る。想いを胸に大蛇は骨と化しても。

竜の住む空(熱海moa美術館)。


蛇が竜に昇り、竜神となり、雨を降らせ、その威力は、立派な建物よりも、私の心を揺さぶった。水は鉄さえも腐らせる。
・・・緑青色に煙る熱海の山。

天竜昇る(青き焔より)。


道成寺で清姫が渡るのは日高川。私の思いが反応するのは、浜松の天竜川である。綺麗事などブッ飛ぶ大きさ、荒さ強さ、激しさを感じる。本気で生きる時、愛する時、人は皆オべべを脱ぎ捨てて、その位の激しさを持つもではないだろうか。私はこの天竜川を上りきる焔を心から無くしたくない・・・大蛇と化しても。
浜松で取材した事が切っ掛けで、、大変な辛い時に3人の子を育て働き抜き行き抜いた1人の女性と出遭った。彼女の苦しみも悲しみも喜びも生命も、私の宝である!。

業・注ぐ。


人は大藤の開花を観て薄紫のカーテン、感動的!とほとんどの人が思うのだろうか。樹齢400年。私は巨木から来る生命の業というものを観た感じがした。

・・・見ている。


面白い猫である。いたずら、興味津々、魔性性が渦となって広がって行く。