FC2ブログ

白櫻・魂の幾千幾万。




忙しかったこの数日間に、気が付けばほぼ満開に櫻が開花している。
・・・・暗くなった頃駆けつけ、天気が崩れる前に、観るに間に合った。
春らしく青空の下・・・それも素敵だが。
薄墨を流したような暗さの中を「魂の幾千幾万の蛍」となって猛烈な力を含みながら静に光を放つ
母と娘の涙の櫻というものも有る!。
何時までも其処に留まって記憶の重石になっていようとは思わないが。
私の母は、人生の最後にこの櫻を観て、そして、娘の私の前で、初めて頬を涙でいっぱいにした。二人の心が、言葉など一言も無くとも完全に通じ合った瞬間だった事を思い出す。魂の合体であろう。
その命の櫻を、写真におさめようとしていた闇の入り口で、たおやかな風が・・・私の身を包んだ。
 
・・・どんな危機も切り抜けて来たね、でも、もう一歩!、しっかり生きよと、バトンは渡された。
スポンサーサイト