FC2ブログ

殺しのドレス。


太陽光線が当たれば当たる程変色する面白い薔薇の連なり。陽が当たらない部分は赤味が薄く、花びらの裏側は?と観ると、真っ白である。
深紅~白までの幅の有るバリエーションが織り成すPASSION!・・・その波の魅惑。 
 
・・・ 
ジプシーの打つカスタネットのリズムが聞えて来そう。
 
フラメンコダンサーの狂ったように舞うドレスのフリルが、官能の炎になって踊っている・・・そんなインスピレーションを与えてくれる       情熱の殺しのドレス。
スポンサーサイト



レイン  アメジスト・ブルー。


梅雨の雨残る夕刻時には  遠い記憶も甦るアンニュイな感覚。
麗しのパープルレイン・・・浴びた女の髪が蛇と化す。

2014年6月  関口眞世のヌードデッサン(四ツ谷桃園学園アトリエにて)。







静寂の扉が開き 女の裸身の秘密のような甘い香が、静かなるライトの下で発光する。
アトリエの外では地上の騒音ものともせず  月光の賛美歌が 都会の宵闇を称えだす・・・。
待っているのは、悪魔の誘惑?ミューズの掌中?。肌 青く透ける女の魔性と薄桃の小妖精、その両面が同時に浮かび上がり垣間見える魅力の瞬間、 我が目は走る。

余韻。。。


綺麗な蕾に 咲きかけの、不揃いの花びらの動き麗し・・・涙のエンジェッルとでも言おうか。
白い雨が 余分な色を消して行く。    目前に残るは  雨の余韻。

父の日 と 父の日。




今日6月第3日曜日は・・・父の日?!。父の日は、母の日より騒がれない、静かな感じがする。
母に日にはカーネーション、父の日には紅い薔薇を送るのが慣わしだそうな。
下のレトロな写真は、19年間で一生分の愛情を注いでくれた私の父である。悲しい程の努力家で清潔で美しい父であった。
上の父娘の写真は、最近知り合った「命の親子」の写真である。この親子は、早くに母親を失い、其の為に父、娘とも心に受けた傷は複雑で深いものが有るのだと、ある時少しは相手の気持ちになって理解出来た気がする。
男親、女親、どちらが欠けても、大変なのである。
生き抜いて、何一つ家族に不自由をさせず、立派に遠方に嫁がせて居る娘を黙って思う父と、雲の上から私を見ていてくれる父に、雨の日に描いた心の薔薇をプレゼントしようと思う・・・届くだろうか   この暖かな眼差しに!。
 
心配して絵の道に入る事を中々賛成してくれなかったけれど、最後には承認してくれた私の父・・・「志を大切にしろよ。努力は人の3倍じゃダメだ、6倍しろ。」・・遺言である。。「絶対にやりぬくんだよ!、諦めるな!!。」と篤い気持ちを持って見つめてくれる新しき知り合いの父・・・その両方に



 
家の要である父が他界してから世間中から嵐はやって来た。私は心に爆弾を宿し、絵というものと、より真剣に向き合うようになるのだが、後に篆刻、書、陶芸などで優れた作品を生んだ北王路魯山人の人生を知るに至る。
彼は、生まれた時に母親に捨てられ冷たい親戚中をたらい回しにされ、それが猛烈な美を生み出す原因に繋がっていると理解した事で、自分など、まだまだ何と甘ちゃんで軟弱なのだ!・・・と、首がへし折れる程のショックを受けた。どんなに努力しても、その爆発力に追いつけるのだろうかと。
 
あれから時は過ぎ、自身に降りかかる難題の火の粉は自分の努力で乗り切り、心身共に傷付き倒れもしたが、
父という傘の中で甘えていた時より、少しは強くなれたかしら?・・・と思う今日という「私の父の日」です

 

Lady  Rose/ 黒の華やか。


de   suis,   nee
pour   etre   une   rose,
vivre   dans   Le   faste
 
et     dans    La   lumiere

水無月のジュリア。



もう、5月の薔薇は終わり。ですが、木陰にまだ、開くとベージュ色のジュリアが影と光の合間でジュリアらしい
呼吸をしていました
。とても複雑な色味のバリエーションは、この薔薇独特な繊細さであろうと思います。
同じ薔薇でも、捉え方を少し変えて、その繊細さを、面白さを、薔薇を描く時の感覚のコントロールが出来るようにと思いながらの勉強!。
光と影・・・その両面がかもし出すエキスに、ドキッとします。