FC2ブログ

関口眞世の  旭山動物園・シンリンオオカミ紀行(4)。







って
精悍な司令塔のオオカミが大きく育った子供達を統率し、彼が遠吠えをすれば、家族全員が集まっての壮大な遠吠えが始まる
北の血と汗と涙の開拓の大地に オオカミ達の声は太い束と成って地うなりを走らせ、其れは透明な空気に浸透して行く。
 
 
まだ 群れがしっかりと形成されていなかった初めて取材した頃、
やがて司令塔に成長するケンが、黙々とスケッチする私の直ぐ側にサッと降りてきて 澄んだ金色の目を反らさず私の目を見つめながら遠吠えをした時の事を   思い出す

非常に鋭敏な野生は、私をキャッチし、自己主張をしたのだ。「私は・・・そういうお前を知る為に、此処に飛んで来たのだよ・・・・」  そう思い、涙が溢れたのは何故?!。
きっと・・・、あまりにも    尊いと感じたから!!。
 
成長した今は、迫力はもう、その時とはうんでいの差である。   本当に 素晴らしい!
 
母が私に残した白百合を  彼らと 北の大地に捧げておく。
そして、この地球上で生きる事の厳しさを共に歩みながら、彼のオオカミに生まれた運命を 最後まで心を持って見つめて行きたいと思う。
 
 
成長し、迫真の彼らの声の真実!。其処には彼らの命の楽しさも、 心地よさも、 きっとあるのだろう。 自由に謳え 命の謳を。
 
 
厳しくとも健やかな命であれ! と、凛々しく美しい横顔に、祝福する気持ちで胸がいっぱいになる。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト