FC2ブログ

2014年11月  関口眞世のヌードデッサン(四ツ谷桃園学園アトリエにて)。





一人のモデル。
だが、見方を変えれば多様な表情を、今回は光と影を織り交ぜて捉えてみる事にした。
流れる、空気に溶け込むようなライン。
ガツンとした意志を持ち、安易な目は跳ね返されるような表情。
空気と一体化し、存在の「香」だけが残るような感覚。・・・触発される。
 
どれも、 生きているからこそなのだろう。
 
スポンサーサイト



波の華 (高倉健さんに捧ぐ)。



11月も半ばを過ぎ、日本海側では 「波の華」 が見られたという。
時化た海、凍てつく波しぶきは、白い泡の華となる。
・・・・其処に、高倉健さんの訃報。
 
冬薔薇(ふゆそうび)の大輪・・・・。 
色彩を極々押さえ、ガツンと生きたその人生に捧げたいと思う。 
 
 
 
大輪の流されない存在に、  華の涙。

三つの龍。



 
やっと、自分が目指す方向性が出て来たかな!?・・・と、思える感覚です
 
 
秋の薔薇は、格別!。
感性が触発され、感応しえて現われし   龍。
 
その野生と品は、オオカミにも通ずるものが有ると感じられて。