FC2ブログ

2014年11月  関口眞世のヌードデッサン(四ツ谷桃園学園アトリエにて)。





一人のモデル。
だが、見方を変えれば多様な表情を、今回は光と影を織り交ぜて捉えてみる事にした。
流れる、空気に溶け込むようなライン。
ガツンとした意志を持ち、安易な目は跳ね返されるような表情。
空気と一体化し、存在の「香」だけが残るような感覚。・・・触発される。
 
どれも、 生きているからこそなのだろう。
 
スポンサーサイト