FC2ブログ

☆銀の鱗☆。



雪です!。
数日前は4月の陽気で、蕾が幾分ほころぶかな・・・と思いながら観た桜の木々。
今日は雪の降る中を泳ぐ、逞しい魚の鱗を連想する形をみせる。
泳げ! 泳げ!   不動のままで。



・・・・・自然の造形美。 簡単には朽ちぬ摂理。
この強さは、しんしんと   私の心を満たして行く。
スポンサーサイト



輝   (東京銀座・画廊宮坂個展作品F10)。


見つけた!。
 
利口な野生の母猫が、生きるか死ぬかの瀬戸際で私に託した命。
掌に乗る大きさ、  温かかった。
 
 
今は、ズッシリ     ずっと抱いていられない程。とても、大きい!!。
 
彼の命が、輝き始めた当初に描いた。
 
 
 
 
こういった感受性は、是からの自分の主軸の線として繋がっていて、そして、此処を基礎に上るのです。 
 
 
 

阿吽~門の宇宙。




 
また今年も面白い狛犬を見つけた
狛犬は魔除けの役割を担って
「阿吽・あうん」で、宇宙の全てを包含する意味を持つという。
 
阿は  口を開いて最初に出す音
吽は  口を閉じて出す最期の音
其処から宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされる。
 
 
素晴らしい思想の口の門である!!。
心を弾ませながら対の狛犬の間を通り抜けると、其処には一面凍った世界が広がっていた。
・・・・・
宇宙の全て?! ふと、思う。
 
 
太陽の光は氷に降り、氷の粒子一粒一粒が光って浮き上がって行く    ・・・・・宇宙。
故・小倉遊亀(日本画家)の、 「この一枚が手に入れば、宇宙全体が手に入る」  という言葉を思い出す。
入るだろうか?!、その一点に向けて歩いて来たのではなかったか。    やってみよう!!
 
 
心は、  ただただ凍てつき固まるのではなく  柔軟に  果てしなく広げるのだ!。

2015・謹賀新年  ☆左甚五郎欄間彫刻  と  ねむりねこ☆。






新年、 明けましておめでとう御座います


。 昨年は、有り難う御座いました。
本年も  相変わらずのお付き合いを    宜しく  御願い致します
皆々様の御多幸を  心からお祈り申し上げます。
 
 
 
住まいから車で1時間半以上の山あいに、知る人ぞ知る天狗の神様をお祭する出雲大社ばりの山吹屋根の、由緒ある神社在り。
其処には素晴らしい造形物が沢山有るのだが、江戸時代の優れた彫刻家 左甚五郎の欄間や引き戸の彫刻が飾られている。左は全国を旅しながら優れた魂の木彫を残したが、是はその一つであるという。
くまなく私の目は這い回る。 
見事な腕前!、 是は是で付け入る隙は無い。
 
 
私の大きな猫は

初春の温かい陽に当たって、生きる幸せをかみ締めている様である。
新年のお飾りは、羽田空港に有った現代の軽くて楽しい  イミテーションディスプレイ。
 
 
今の時代に置いて・・・どの感覚 何に一つ欠けてもダメだろうと思いを廻らす。
 
 
 
 
美しい和紙に包まれた、神社の御神籤を引いてみると
大吉
・・・・・「冬かれて  休みしときに 深山木は   花咲く春の  またれけるかな。」強い心を持って騒がず時をまて
。失意のどん底でヨーロッパから帰国したフジコ・へミングが、教会で引いたカードと似ているように思う。
 
 
 
 
いま少しの静養が必要な自分に  ピタリ!!。
静に立ち上がれ!  御神籤が乗る手の平に、光が舞降りる  月の光が砂金と成って地上へ降り注ぐ感覚。
静謐な熱を持って、 キラキラ  サラサラ
きっと神様の言葉ね
・・・・・私は   静に神社を後にした。
 
 
 
ああ、  お正月