FC2ブログ

2014年12月  関口眞世のヌードデッサン(四ツ谷桃園学園アトリエにて)。





本年度締めくくりの ヌードデッサンです。
線を基調とし、モデル女性の持つ柔らかな肌、肌の温度、人間の香りやその清浄化へと追って試みてみました。
 
 
簡単単純であるようで、何処一つ同じ形や流れは無く、複雑な人体の持つ表情や色香。
空気と一体化し、観える肉体を省いて残るもの、其れを描けたら・・・と思います。指先の表情一つ手は抜けないというのが、実感です。
 
本当に誤魔化しの効かない、難しい裸婦。此処でしっかりと勉強しておかないと!!
今の自分に、とっても必要な勉強であるという、認識が有ります。
 
 
体調の都合もあり、月に何回も描きに行くのは無理で自分がもどかしい。
 
描きに行けばまんねり化は無く、懸命に集中は出来ている様に思えます。
とても描ける状態ではない1年半もの時間を抜け、
再び描き始め、ブログにUPさせて頂くようになり、
この1年を振り返れば、前とは違った感じ方考え方が出来ている自分が在りました。
美しいものは美しいのですから、素直に感じたものを昇華させ、デッサンとて、もっと絵として高める努力をして行く所存です。
 
 
毎回、御高覧下さっている多くの皆様、どれ程の励みになっています事か!。感謝し、此処に篤く心から御礼申し上げます。
これからも、宜しく御願い致します。
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント