FC2ブログ

冬幻。(東京銀座兜屋画廊個展作品)


寒山とした空気の中、独り凜としてじっと佇み、光を放つ白狐。置かれた環境の影響も有るが、これは、自身の分身である。個展直前、無我夢中だった自分は、この作品の写真を撮っておかなかった。先日、御購入下さったお宅に伺いブログに投稿する為にと、写真を撮らせて頂いた。この作品が私の銀座の原点であるのだが、この線に止まるのか?・・いや、もっとおおらかに伸びやかに、成長したいものだと、自分の分身を抱きしめながら、心は叫んでいる。そして、黙ってこの高額な作品にお付き合いして下さった御夫妻のお気持ちと、天から観ている母親を裏切らない芸術家に、上りたい!。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント