FC2ブログ

谷中のドラえもんと 朝倉文雄彫塑館と 国立科学博物館・ラスコー壁画展。










暖かな陽射しの東京下町谷中から歩き
最初に出迎えてくれた、お寺の門前のドラエモンの御地蔵さん。

猫の秀作で知られる彫刻家朝倉文雄の記念館。
其処で観た文雄氏の二人の娘、響子と摂の環境と成長の記録。
・・・思えば自分の場合は・・・奇跡と言えよう。

国立科学博物館・ラスコー壁画展に足を延ばせば
2万年前に人類が洞窟内に描いた身近な動物達からは普遍性を感じ
オオツノシカの 片方だけでも45㎏も有るという立派な角や骨格のレプリカを観て
凄いリッパ!!!。
どれほどの風格だったろうかと、思いめぐらしながら


現代のアートなるもの
芸術というもの
そして、普遍性や、風格とはと、考えさせられる展開となったのでした





[https://art.blogmura.com/japanesestyle/ranking.hlml] ; ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)

御協力サポート宜しく御願い致します。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント