FC2ブログ

大我の嶽。











木々は風の形。
悠久の時が沁みるビクともしない嶽。 その宇宙と、小さな自分。


しかし
あまりにも強い風に当たり過ぎた時は
樹の下に
身を置けばいい。

[https://art.blogmura.com/japanesestyle/ranking.hlml] ブログランキング・にほんブログへ(文字をクリック)
御協力、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント